愛していると言える

初めて出会ったのはかれこれ20年近く前。
当時付き合ってた男が履いてて「あーこの人がこれ履くとカッコえーなぁ」と思ってたのだが、あまりにも丸っこいぽっくりしたフォルムは、当時ガツガツエンジニアブーツを履き潰してたわちはその時点では触手が伸びなかったんだよな。

で、その人を別れた後に購入。
それ以来、merrellから逃げられない体に。

わちの足はちょいと面倒な形なのです。

【軽中度の外反母趾】
小さい頃、キツい靴を好んで履いていたことが原因で、親指は付け根はがっつり出っ張っとります。
もちろん、親指そのものも内側を向いておりまつ。指を思いっきり広げるとやっと真っ直ぐになるほどで。

【足の幅が広い】
4Eの靴だとものっそいフィット感です。ていうかキツい。
恐らく5Eの幅なんだと思うます。

【足の甲が薄い】
…はずなんですが、最近デブだから足の甲が高めになってきた、肉で。
足の甲が薄いと、既成品の靴だとカパカパなので、足が滑り、足の裏に水ぶくれがしょっちゅーできるのです。

【間抜けの小足】
手だけでなく足もちっさいのです。縦サイズは23.5cm。
「足がちっさいと体が大きくならない」とか全くの嘘じゃい。(身長166cm)

【皮膚が弱い】
上記のような足なので、踵以外にも靴生地と擦れ、足の甲や両側面にもすぐ靴擦れを起こすのだす。

…とまぁ、難儀な足の形なので、「足に優しい」「外反母趾用」とかいう靴じゃないと厳しい。
5cmヒールどころかパンプスも勘弁してという足なのです。

で、merrell。
ぶっちゃけ値段は高いです。
でも、「靴が合わない」が「出不精」に直結する引きこもり体質なので、合う靴を履かねばならにゅ。
Jungle Mocは4Eなので横幅のフィット感ハンパないですが、締め付けてるようで締め付けない!
歩くのがとにかく楽! どこまでも歩ける!
少なくとも、新宿から阿佐ヶ谷までの1時間は気持ちよく歩いたお!
東日本大震災の時電車止まったんで歩いたが、驚くほど足の疲れがなかったっす。
その勢いで翌日も1時間の徒歩出勤したくらい。

当然、一度も靴擦れしたことありません。
横幅だけでなく足の甲のフィット感(≒締め付け)もキツめですが、全く擦れない。
何故だ。不思議すぎる。

 

わちが好んで買ってるのはJungle Mocですが、サンダルもまたこれが足に心地よくフィットするんだ!
merrellの靴が全部合ってるわけではないが、合ってる製品が多いのです。

で、わちはこのTAUPE(トープ)という色も好きなのです。
新しい「Jungle Moc AC+」ってのも販売されてんだけど、TAUPEはない(´;ω;`)
いかにも皮革という色が好きなのです。

よって、結論=従来版のJungle Moc一択。
バックスキンなのでお手入れ大変だけどね…お手入れしないけど…(汗)

吉祥寺のOSHMAN’Sで買ったんですが、店員さんに「merrellのJungle Moc24cm、色はTAUPEを下さい。今履いて帰ります」と一気。
買い物自体は5分で終わりました。(製品選びに時間を全くかけない店頭買い物嫌い)

店員「履いてきた靴は…」
わち「すいません、破棄して下さい。箱もいりません、返品しないから」

品質に絶対の自信があるので、購入時点で返品なしですよ。
もちろん、実際に履いてみて、靴の動きを見て、箱破棄を依頼。
もうウハウハです。ウハ~ヽ(=´▽`=)ノ

唯一の難点といえば、これまで履き潰した三代目は擦り減りまくって穴開いてるくらいに靴底が薄くなってたんだけど、実際のJungle Mocは靴底が厚いので、歩いててコケるw
帰ってくるまでに3回くらいコケました。

むふ~、これで明日からの散歩が楽しくなりそうだッ!

ちなみに、ごんやんは別のお店で仕事用に靴を買いました。
ごんやんは別におかしな形の足ではないのだが、なぜか合う靴がなかなかなくて難儀しとる。
asicsの歩人館でセミオーダーメイドの中敷きを入れてくれる靴を買ってました。

靴はホント大事よ。
第二の心臓だからね。
靴に苦労してる人、騙されたと思って一度Jungle Mocを履いてみそ。
苦労してる人向けの靴なのかもしんまい。
(わちはキツいのが好みなので自分サイズを購入しとりますが、靴に軽く余裕がほしい人は0.5cm上のサイズを買うのをオススメだす。)

雪の上の足跡

タイトルとURLをコピーしました