教科書を買って安心するタイプ

ビジネス系ムック買ったらごんやんに「あなたそういう本好きね」と言われた。

好きですね。
教科書買って安心するタイプなので。

「自分で創り出すことができるのは音楽だけだ」と思ってんですよ。
わちのジツリキはその程度だと認識しておりまス。
あっと驚くようなクリエイティブなビジネススキルは皆無だす。

そう認識しているので、ビジネススキルは積極的に

他からパクります。

わち「仕事できるタイプ」なんじゃなくて、「仕事できるように見せられるスキルを持っている」のです。

ビジネススキルの高い人と同じ結論に達するのに、自分で考えるとすげー時間かかるのが目に見えてるんで、ハナから考えるの止めてます。
考えるのをやめた分、ビジネススキルの高い人の3倍くらいの速さで、集中してパクれるネタを探し始めます。

おかげで、Excelスキルがなくても関数を適度に操れるし(ぐぐってコピペ)
契約書や機密保持契約書のドラフトを作ることもできます(ぐぐるだけ)
パワポのプレゼン資料のドラフトを作るのも速い方だと思います(ぐぐってる)

Google最強。

それでも、まぁ、明らかに足りんなという時は、ビジネス書に頼るのです。
わちがビジネス書を愛読するのは、読んでその気になって仕事するための起爆剤でもあり、スキル不足を自覚してるからこそのネタ探しでもあるのです。

 

#GIGs FORCEの話は、まだ作業終わってない=ライブ終わってないので、後日。

雪の上の足跡

タイトルとURLをコピーしました