ゆるゆるなアタラシイもの

激烈久しぶりに、昨日ゲー音部の部活動に参戦してきました!
午前中は通院治療があり、加えて昼の部は既に参戦締め切ってたんで、ヨルノブのみの参戦。

いや~、ゲー音部には、常にネタがそこここに転がってますネ!
GIGs一段落でフヌケになってたゲームミュージック魂にピシリとムチをもらいました。

こんなイメージ(わちウマね)

音楽的なスキルの高さは全く求められておらず、とにかくゲーム音楽が好きな人がゆる~く音を出す場。
誰かが「これ知ってる?」とVGMを弾き出すと、知ってる人がそれに乗って音を重ね、知らん人もなんとなく音を重ね、よくわからんけど楽しそうなので音を重ねるというカオスな場w
それが許されるのが、ゲー音部の部活動だと、わちは認識しています。

参加するのは2年ぶりぐらいかなー。
前回は、上記のようなカオスの中にも実はこっそりセッションリーダーが潜んでいて、崩壊しそうになると誰かが誘導して、なんとなく1ループ成立させる…という流れでした。

ゲー音部は男性が多いので性別違うが、まぁコンナカンジ

その後の打ち上げ飲み会がまたカオスで楽しくて楽しくてw
特に「酔っ払ったキムラさんのうっとおしさ」を酒の肴に飲むってのがわちの楽しみ方でした。
ひどい。

で、2年ぶりに参加してみると…うわお、知った顔がいない…。
初めてゲー音部に参戦した時を思い出しました。
でも、まぁ、楽器鳴らすコトやゲーム音楽を楽しむ場であることに変わりはないしね。
ゆるゆる~っと参戦です。

いやぁ、楽しかった!w
相変わらずのカオス!!(褒めてます)

わちの世代から見て新しい曲ばかりだったんですが、それでもカッコいいと思える曲がたくさんあって、すげー楽しいと見てて思えるシーンがたくさんあって、とにかく楽しかったです。
90%近く楽しめました。

今回わちの犠牲になったのは、見学で参戦したNTさん。
鍵盤弾けるっぽいニオイをさせてたので、押し付けてみたら…

うわお、めっちゃ弾けとる。

こんな感じでバッキバキに弾けてた

他にピアノ弾きがお二人いて、その二人がウェイテッドの鍵盤、NTさんはNord Stageでピアノ弾いてましたが、軽い鍵盤なのにがっつり弾けててウラヤマシス(*´A`*)

わちのリクエストは、先日のH.G.K.のライブで演奏した大神の「太陽は昇る」でしたが、疾風船さん動画をサンプルにしてたものの、結局はゲーム尺でループするという構成にw
これはこれで楽しかったっす。満足(ΦωΦ)

他にも最近のゲームの曲があったり、MSXの曲なのにめっちゃかっこええと思える曲があったり…と、温故知新を地でいけるラインナップで、次のH.G.K.の活動へホントいい刺激になりました。
こういうところが、わちがゲー音部に強い魅力を感じるところなんですな。
転じて、ゲームミュージックに魅せられる理由でもありんす。
ゲームミュージックって、ホントすごいね。

恒例の(?)タバコタイムでは、麺さんに仕事のぐちぐちを聞いてもらいますた…。
すると、麺さんも似たような立ち位置に立った経験があるとな?!
そんなキツい状況でも部長としてゲー音部に参戦し続けるの、すげぇバイタリティだよ…。

すっかりこんなイメージに

素直に尊敬します。

今回むちゃくちゃおかしかったのが、いけちんさんwww
開始20分後くらいにそっ…と入ってきて、入り口んとこにどっかとあぐらをかき、何をするかといったら、いきなり持ち込んだ缶チューハイロングを飲み、リコーダー吹き始めたwwwww

これよ、これ!
これがゲー音部のヨルノブよ!!wwwww

ここまで潰れてはいなかったけどこれに近いw

陰でこっそり何やってるかわからんほどの音を出すってのがまた面白くて。
毎回いるんですよ、誰か必ず、こういう人がw
少なくとも、わちが参加した過去2回にはいたwww

中には「楽器弾いてる俺に夢中」という、わちにとって相性悪いタイプの人もいるにはいるんですが、それすらも許されるのがゲー音部。
そゆ時は「わちならどうアプローチするかにゃ~」と妄想しながら、眺めて楽しんでます。

わずかながら「はぁ?」ということもあったが省略。

ま、部活終了後は、いけちんさんの執拗な飲みの誘いがおかしくておかしくて、プチイヤ~な気分もすっかり払拭されました。
ありがとう、いけちんさん!
次は必ず一緒に飲みに行くから!
(昨日はごんやん置き去りで「飲む」とは言ってなかったんでホント無理だったんよ…)
(「第二のキムラさん(=酒の肴)が登場した」と思っているのは秘密)

帰りはオーボエのとなりさんと駅までご一緒させてもらいました。
この人のオーボエはね~音がまろやかなのよ~ホント優しい素敵な音でね~(*´ω`*)
元々オーボエって丸い音が出る楽器だけど、鋭く攻めるタイプの音を出す人も多いのです。

クラとは違うのだよクラとは

ダブルリードの音が昔から大好きなので、聞いててなごんだわ。
いけちんさんが何度も何度もFCBにスカウトしてた気持ちがよくわかるっ!w

ゲー音部には「3回参加したら正式部員に名を連ねることができる」というルールがあります。
これでわちも晴れて正式にゲー音部員でーすヽ(=´▽`=)ノ

関東ゲー音部はバンド活動もしてるので、そっちに参戦することもできるようになるんですが、
わちは本懐H.G.K.があるので、参加できる時だけ参加させてもらいたいにゃ~。
(でもアレンジするのはしんどいっす…今の仕事だと…)

総括:ゲー音部、超楽しい。
H.G.K.のリハとぶつからなければ、次回も参加したい!

P.S.今回の幹事のとんかつさんが「水○演武」のガチプレイヤーだったと聞いて、背筋凍りました(汗)
「あれ…扈三娘の曲の出だしってどんなんだったっけ…」と必死に思い出したのは秘密。
てめえの曲をすっかり忘れててアタフタしたわ。


ただ、どうしても「はぁ?」と思うのが、知ったかぶりする奴の存在。
「かんたんですよね~」といってセッティングを変え、元に戻せないというていたらく。
ひっかけでわざと違う情報を話すと「そうなんですよね~それは…」とさらに間違った情報を得意満面に語った挙げ句「まぁ、知らない人多いんですけどね」とドヤ顔。

知らんの、とっくにバレてっからな。

知らんコトぁ知らんと言えばいいとわちは思うんですが、どこにでも存在するのが不思議。
stroke band時代にもいました、すっごい長い文字数のハンドル使ってる、強烈な知ったかぶり野郎が。

わちァこういう人とはお付き合いシマセン。いなかったことにする。
いつも言ってますが、故意の目的で言ってるコトとやってるコトが違う奴、大嫌いなんだよ。
こゆコトを公言するところが、わちの幼いところでもあるのは自覚してるが、せっかくの楽しい話をケチつけられることになるのでどーにも腹が立つ。
100%楽しみたいのに楽しめない理由が「人的問題」ってのは、どこの世界でも不可避なんだろーね。

雪の上の足跡

タイトルとURLをコピーしました