ランチ0円食堂

前職・前々職も在宅勤務で、今も在宅勤務のMegMIXでございます。

通勤勤務の時の楽しみって、基本、ぼっちランチだったんですよ。
サイゲ時代は仲間と飯食いに行ったり自席で隣の人と談笑しながらメシくったり、別の現場じゃゆらきゅとランチした時期もあるが。

ぼっちメシを寂しいとする風潮がある中、わちはぼっち派。
むしろ、ぼっちメシがいい。
昼くらいはぼっちでいたい。
気兼ねない時間を過ごしたいのです。

今は半強制的にぼっちメシです。
気兼ねないですよ、自宅だから。
ただ、「メニューを選べる」という楽しみは、あまりないんだなぁ。

今凝ってるのは「いかに金を払わずにいられるか」です。

昨日の残り物がメインだけど、弁当じゃないってだけでシアワセになります。
温めるだけでなく、ひと手間加えられるのが、自宅勤務のぼっちメシの醍醐味ですな。

今日の昼飯は、昨日残ったスープに冷凍ご飯をそのままドカーンと入れ、溶き卵をふわっと浮かせた雑炊。
中華スープだったんで、フツーに中華粥みたくてうまかったっす。
途中で「あ、食べるラー油あったよな」と気づいて、雑炊後半戦に投入して味を変えたりとか、思いついたことをその場でパッとできるのが嬉しいです。

財布の中身も消えないし、満腹まで思う存分食えるし(そんな食わんが)
マンガ見ながらでもテレビ見ながらでも何の文句も言われない。
自宅勤務のぼっちメシが、ぼっちメシ界では至高なのではなかろうか。

お気楽なぼっちメシ、万々歳でござんす。

…というわけで、今から昼休み終わるまで、ベッドで昼寝。
(これも自宅勤務の醍醐味)

雪の上の足跡

タイトルとURLをコピーしました