クラシック…?

実は「のだめカンタービレ」が苦手なあるまですコンバンワ。
だって「野田恵(めぐみ)」…しかもピアノ…

そんなうまく弾けんのじゃ

ワリャ!ヽ(`Д´)ノ

というわけで、コミックそのものも、どこがおもしろいのかイマイチわかりません。

 今日はライブハウスの内覧祭りですた。
某所を見てきて、いろいろうんうん検討中です。

 すんません、まだ検討中です・゚・(つД`)・゚・

で、新宿にも行ったんだけど、小田急の1階の大階段の
踊り場をステージに、なんかライブやってたんで見てきました。
露出度の高い衣装を身にまとい、 Violin、Viola、Celloのトリオの
ねーちゃんが腰くねくねさせながら演奏しとりますた。

その中で、サンサーンスの「動物の謝肉祭」の「水族館」の
アレンジがあって、かこいーの!あれはよかったデス。
オリジナルはドウカと思ったデス。

 

んで、帰ってきて、懐かしくなってつい聞いてしまったのがコレ。

大ちゃーん! だーいちゃあああああん!o(≧▽≦)o
目が細くてメガネ男子です。身長182cm。超好み。
一歩間違えると大明ちゃんそっくりなピアニストがいる
G-CLEFが妙にスキですた。

ちなみに、ヒゲメガネの柏木さんも大好きですだ。
Violinの二人はイマイチ…(´・ω・`)

G-CLEFの名曲は「一揆」とか言われとりまつが、
わちは「モナリザパレード」も好きだな。元気出るし。
「Innocent man calling in rainy day」もヨイ。

何せ楽器がアコなので、癒されまつ。
疲れた時に、ココロに効くアルバムかもげ。

G-CLEFならAmazonで中古出てるので、興味あるヒトは買うてみるがヨロシ。

雪の上の足跡

タイトルとURLをコピーしました