貫禄ついたねと年齢を聞いて言うな

初日お仕事しゅーりょー。
速攻であきゅ(前の日記参照)に電話。

 あきゅ「おお、久しぶりだね」
 わち 「久しぶりだねじゃねーよ。メシおごれ」
 あきゅ「いきなり何だ(笑)。なんでうちの会社にいたのさ。派遣?」
 わち 「んむ。そっちこそなんだ。TC(前わちらがいた会社)は辞めたのか」
 あきゅ「さすがに(仕事キツいから)ね~。今んとこ入って1年半かな」
 わち 「イタメシおごれ。うまい店があるんだ」
 あきゅ「日本そばにしなさい」

電話中、阿佐ヶ谷行きのバスを逃して憤るわちをなだめつつ、
とんでもねー事を言うあきゅ。

 「ごんちゃんは働きにくい職場だけど頑張ってね~」
 ※So-netの現場で、わちはずっと「ごんた」と呼ばれていた

それが勤務初日に元同僚にかける言葉かよむかっ(怒り)

あきゅ曰く「女性が多く、長らくテクニカルサポートの仕事を
やってこなかった職場。女性特有の『好き・嫌い』で出る釘は打たれるから
勤怠悪いごんちゃんは目立つ」との事。

へへーんだ。
勤怠悪いって自分でわかってて、その理由もわかったから
週4にしたんだもんねーだヽ(`▽´)ノ
境界性人格障害がだんだんひどくなって、出勤できない日が続いたんですわ。

それでも当時は職場環境がよかったし、よくなる努力もしてたから
現場はすごく仲が良くて、女子高ノリで乗り切ってたなー。
あきゅは当時の現場で唯一の男で、ヤツはヤツで女性のコントロールに
右往左往しとった。わちらはそれを見て指差して笑ってた(鬼)。
「頼りないあきゅ、頼りがいあるごんちゃん」だったし! ふふん(ΦωΦ)
あー、もう「ギタドライブ!Vol.3」の頃だよ。すげー前だ。

それにしても、昔の勤務状況を一番よく知ってるヤツが
上のフロアにいるってーのは、何ともやりにくい。
しかも、わちが一番苦手な「女性特有の好き・嫌い」は
どー扱っていいのかさっぱりわからん。

まぁ

契約書に書いてある内容と違う勤務内容を押し付ける担当営業よりは数倍マシ。
あきゅにも「ああ、FスタッフのSさんは問題。気をつけな」と言われたし。
帰宅してゴミ出して御飯の支度して、速攻で派遣会社のクレーム部門に
メール打ったった。すっきり。

ま、遊び相手が近くにいると思えばいっか。(前向き)

【日記のタイトルの理由】

 あきゅ「ごんちゃんと一緒にやってたの、いつだっけ」
 わち 「もう3年近く前だよ。わちも3*歳だ。ライブ来なくていいからチケット買って」
 あきゅ「うはははは! さすがに貫禄ついたねー!(笑い転げる)」
 わち 「な! お前だって3*歳じゃねーかよ! 彼女できたのか! チケット買え!」
 あきゅ「俺に女はいらねーぜ」
 わち 「いつも女いっぱいの職場にいるのにな…・゚・(つД`)・゚・」

どっちもどっち(´・ω・`)

雪の上の足跡

タイトルとURLをコピーしました